キミエホワイトプラス 成分

キミエホワイトプラスの配合成分〜キミエホワイトとの違い〜

キミエホワイトプラス 成分

 

キミエホワイトプラスを購入するのであれば、キミエホワイトとどのように成分が変わったのかということを把握しておきたいですよね。

 

パワーアップしたとかリニューアルしたとか言われていますが、一体どこがどのように変わったのかということを具体的に知りたいでしょう。

 

その中でも、医薬品としては1番気になるのが配合されている成分と成分量がどのように変わったのかということですよね。

 

キミエホワイトとキミエホワイトプラスは成分がどのように変わったのでしょう。

 

キミエホワイトプラスの成分はどのように変わったのか?

 

リニューアルされたことでキミエホワイトプラスは成分にどのような変化があったのでしょうか?
わかりやすいように比較してみましょう。

 

商品名

キミエホワイト

キミエホワイトプラス

 

アスコルビン酸

500mg

500mg

L-システイン

160mg

240mg

パントテン酸

カルシウム

-------

24mg

リボフラビン

12mg

-------

ニコチン酸アミド

60mg

-------

 

 

比べてみたことでわかったのが、キミエホワイトプラスはL-システインが80mg増えたことで240mg配合されるようになったということです。

 

シミを改善するのに1番効果があるとされているL-システインが80mg増えたことによって、「シミの緩和」から「シミを飲んで治す」という最も大きな変化が現れたのです。

 

キミエホワイトからキミエホワイトプラスになったことでどの成分が変わったのかという事は、比べてみればすぐわかるでしょう。

 

さらに配合されるようになったのが、皮膚を正常に保ってくれるパントテン酸カルシウムです。

 

ニコチン酸アミドやリボフラビンは除外されることになったのですが、大きなデメリットではないようです。
キミエホワイトプラスの効果・効能を見てみると、デメリットどころか医薬品としての効果や効能が格段に増えたことがわかります。

 

リニューアルされたことでキミエホワイトプラスは確実にパワーアップされました。
そんなキミエホワイトプラスは実は公式サイトだけの販売なのです。
ぜひこちらの公式サイトからお求めになってください。

 

キミエホワイトプラス

キミエホワイトプラスの配合成分〜キミエホワイトとの違い〜関連ページ

キミエホワイトプラスの服用方法は?〜簡単になった飲み方〜
今回解説させていただくのは、事前に知っておきたい方も多いキミエホワイトプラスの飲み方についてです。
キミエホワイトプラスはニキビ改善の効果があるのか?
今まではニキビ改善の効果がみとめられていなかったキミエホワイト。 そんなキミエホワイトがリニューアルされたことで、キミエホワイトプラスにはニキビ改善の効果が加わったのでしょうか?